閉じる

平成30年(2018年)6月5日(火) / 日医ニュース

フルスイング

 先般、星野仙一さんが他界され、熱血漢を惜しむ声が続く中、広島「赤ヘル」軍団の中心選手だった衣笠祥雄さんが亡くなられた。私が中学生の頃から本当に大好きだった選手である。
 高校からキャッチャーとして入団した衣笠さんは、2軍で苦労した後、1軍の主軸まで上り詰めた。その矢先に同い年の東京六大学野球スター選手、山本浩二さんが鳴り物入りで入団してきたのである。
 その時の互い同士の意識は相当なものであったと想像される。その後、巨人のONと並び称される名コンビとなったことは皆様ご承知のとおりである。
 思うに、人気・力量とも遜色ないコンビにおいて「ミスタージャイアンツ」「ミスター赤ヘル」などと呼ばれる選手がいる一方で、もう一人の選手の気持ちは複雑なものがあったであろうし、ましてや「赤ヘル」の場合は同級生である。もちろん二人とも素晴らしい方であるが、私は努力や辛抱で培われた人間性の素晴らしさを衣笠さんの中に見たのである。
 死球を投じた相手投手には「いいよ、いいよ」と微笑んで手を上げる、国民栄誉賞受賞のインタビューでは汗をかきながら一生懸命に恐縮する、など人間性の表れた場面は多い。
 特に連続試合出場の記録を1100試合まで伸ばしていたシーズンに、死球を受け肩甲骨の骨折と診断された翌日出場し、剛速球に対してフルスイングで三振したことは語り草となっている。相手の江川投手は衣笠さんに対し敬意を込めて全力で投じ、選手の誰もが野球に対して最上の敬意を込めていた場面であったと思う。

(パパゲーノ)

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる