閉じる

令和2年(2020年)5月20日(水) / 「日医君」だより / プレスリリース / 日医ニュース

医療従事者を励ますメッセージが届く

日医定例・臨時記者会見 4月22・28日

 横倉義武会長は先日、東京都を拠点とする医療系学生団体の「Medical Future Fes」のメンバーである医学部を目指す2名の高校生から、医療現場で働く医師を始めとする医療従事者を励ますメッセージが日医に届けられたことを明らかにした。
 2名の高校生は、医療現場で医療従事者が自分も感染するかも知れないリスクや不安を抱きながら、必死に対応しているニュースを見て、「何かできることはないか」と考えていた際に、在学する学校の先生方から自分達に送られてきたメッセージ動画の言葉に励まされたことをきっかけとして、SNSを用いて、今回のメッセージを集め始めたとのことで、その数は200通にも及んでいるとした。
 横倉会長は、今、新型コロナウイルス感染症の患者を診ただけで、医療従事者がいわれなき風評被害を受けるという憂慮すべき事態が各地で散見されている状況の中、この高校生の行動は大変ありがたいと感謝の意を示した。
 また、このメッセージを多くの方が閲覧できるように、今後、日医のホームページに掲載するとした上で、「防護具が不足している中で、日々、新型コロナウイルス感染症と戦っている医療従事者の励みに必ずやなると思う」と述べた。
 ※今回寄せられたメッセージは、日医のホームページ(http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20200422_12.pdf)に掲載していますので、ぜひ、ご覧下さい。

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる