イベント・その他
健康・医療
新規ウィンドウでリンクします。

お知らせ

日本補助犬協会からのお知らせ

2016.6.8
「障害者差別解消法」施行に伴う補助犬受入れに関するシンポジウム開催のご案内【2016.6.24開催】

 平素より、身体障害者補助犬の受け入れ促進にご理解ご協力賜りまして、ありがとうございます。また、「第4回もっと知って補助犬キャンペーン」へご後援いただきまして、誠にありがとうございました。おかげさまを持ちまして、過日無事終了することが出来ました。

 皆様ご承知の通り、本年4月1日より「障害者差別解消法」が施行されました。これまで補助犬受け入れの根拠となる法律は、平成14年施行の「身体障害者補助犬法」のみでした。今後「障害者差別解消法」が加わったことにより、補助犬の受け入れを拒否することは「不当な差別的取扱い」とみなされ、事業者としてのモラルやコンプライアンスの是非が問われることになります。すなわち、補助犬に関する認識の欠如は経営上の大きなリスク要因になってしまうのです。

 また、2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催され、海外からも多くの補助犬を伴ったユーザーが来日することが予想されます。国内外の補助犬ユーザーの受入れ態勢を整備することは喫緊の課題でもあります。

 こうした状況のなか、当協会には「障害者差別解消法」施行に伴う3種類の補助犬受け入れに関する様々なお問い合わせやご相談を多数お寄せいただいております。

 そこでこの度、当協会では、「もっと知って補助犬キャンペーン」へご後援いただいている皆様に向けて、個々の事業者が適切に補助犬を受入れるにはどうしたらよいのか、具体的にお応えし、受け入れ体制整備に向けてのシンポジウムを開催致します。

 内閣府にて「障害者差別解消法」施行に直接関わられた尾上浩二様(現DPI日本会議副議長)にご講演いただくほか、参加団体の皆様の忌憚なきご意見を交換する機会も設けたいと思っております。

 この機会に是非ご参加下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
 ※シンポジウムの詳細や申込は下記バナーよりご覧ください。

補助犬ガイド士養成講座