イベント・その他
健康・医療
新規ウィンドウでリンクします。

お知らせ

各国におけるへルスデータベースの現状と課題に関する国際会議ーセキュリティ・個人情報保護・データ利活用一【2017/5/13】

2017.6.1
「各国におけるへルスデータベースの現状と課題に関する国際会議ーセキュリティ・個人情報保護・データ利活用一」を下記の通り開催いたします。
◆ 日程等 ◆
日 時:平成29年5月13日(土) 13:00~17:00
場 所:日本医師会館 大講堂(東京都文京区本駒込2-28-16)
問合せ先:日本医師会国際課
抄録集:PDFファイルPDF(1.6MB)


◆ プログラム ◆
進行:道永 麻里 日本医師会常任理事

◆開会・歓迎挨拶:13:00 横倉 義武 (日本医師会会長)

◆講演

共同座長:石川 広己(日本医師会常任理事)、自見はなこ(参議院議員)

◆基調講演:13:05~13:50
「日本におけるヘルスデータベース利用の現状と関連法制度」

山本 隆一 医療情報システム開発センター理事長、自治医科大学客員教授

◆講演1:13:50-14:20
「データベースとバイオバンクがもたらす健康改善:期待と落とし穴」

Robert Wah アメリカ医師会元会長

◆質疑応答:14:20-14:30

◆講演2:14:30-15:00
「個人ビッグデータ:ゲノムと医療記録」

Juhan Kim ソウル国立大学医学部教授

◆質疑応答:15:00-15:10

<休憩:15:10-15:20>

◆講演3:15:20-15:50
「台湾健康情報ネットワークと健康クラウドの発展」

Heng-Shuen Chen 国立台湾大学医学部教授

◆質疑応答:15:50-16:00

◆講演4:16:00-16:30
「ヘルス・データの活用と保護:今何をなすべきか」

樋口 範雄 武蔵野大学法学部特任教授

◆質疑応答:16:30-16:40

◆指定発言「ヘルスデータベースを進める準備はよいか」:16:40~17:00
Dong-Chun Shin 延世大学医学部教授

◆閉会の辞:17:00
松原 謙二 日本医師会副会長