イベント・その他
健康・医療
新規ウィンドウでリンクします。

<小学生の部> 優秀賞
「先生、いつもありがとう」


長谷川 和紀(愛知・小学校6年)

 ぼくは、一年生の時に1型糖尿病になりました。1型糖尿病はすい臓の病気で、体からインスリンが分泌されなくなるので、生涯インスリン注射をしないといけません。主治医の先生は、「注射さえきちんとすれば、あとは他の子と何ら変わらないんだよ。」と言ってくれます。今は、毎日4回以上、自分で血糖測定してインスリン注射をしています。給食の前にも、教室で血糖測定と注射をします。学校では、クラスの友達といっしょに勉強したり遊んだりしています。毎月、主治医の先生の診察を受け、血液と尿の検査をします。その時、学校の話をしたり、時々ぼくの飼っているカブトムシの話をしたりもします。何でも話ができる、スーパードクターです。

 昨年、歯ぐきにのう胞ができました。乳歯と新しく出てくる永久歯の間にあるため、手術で取り除くことになりました。夏休みに歯科大学附属病院に入院する予定になりました。しかし、入院前日に病院から電話があって、急に入院も手術も中止になりました。1型糖尿病のために、手術中に高血糖や低血糖になる心配があるからだそうです。どうして1型糖尿病だとできないんだろう、と悲しくなりました。そんな時も主治医の先生は、「附属病院の先生に、きちんと話ししたんだけどなぁ。」と相談にのってくれました。

 その後、総合病院を紹介されて、口腔外科と内分泌科の先生の診察を受けました。外来でできる手術だけど、血糖が心配なので一日だけ入院することになりました。

 入院の日の朝、お父さんとお母さんと病院に行き、診察を受けました。先生は「心配ないよ」と言いましたが、ぼくは「やっぱり手術は怖いなぁ」と思いました。その日の午後に手術を受けました。手術中、先生はディズニーランドなどの楽しい話をしてくれて、怖さも半分になりました。無事手術が終わって、口の中から血が出てきましたが、体調はよかったです。先生は何度も病室に来て、「大丈夫だよ」と言葉をかけてくれました。ほかにも、先生の趣味のトライアスロンのことなども話してくれました。すてきな先生でした。

 この病院は「ぼくが生まれた病院」と、お母さんから聞きました。この病院で、ぼくのことを心配してくれるやさしい先生に手術してもらえて、よかったです。お父さんから、「附属病院の先生も、ぼくのことを考えて総合病院を紹介してくれたんだよ」と話してくれました。多くの先生がぼくのことを考えてくれているんだと思うと、うれしくなりました。

 ぼくは、ある日突然治らない病気になる辛さを知っています。そして、病気になってからいろいろな人に支えられてきました。ぼくも、多くの病気の人を助けてあげられる「医師」になります。1型糖尿病に負けず、「将来の夢」が実現できるよう、勉強や運動などを精いっぱい頑張っていこうと思います。