イベント・その他
健康・医療
新規ウィンドウでリンクします。

<小学生の部> 優秀賞
「おとうとのケガ」


田中 雅也(広島・小学校1年)

 ぼくには1才のおとうとがいます。まいにちいっしょにあそんでいます。

 おとうとはあかちゃんなので、あるいたり、はしったりするとき、なんかいもこけるときがあります。

 なつやすみがはじまって、にわのベランダでいっしょにあそんでいたとき、おとうとがころびました。おとうとはころんで、いしのブロックのかどにぶつかりました。おとうとはおでこをきりました。ぼくはおとうとのおでこのきずからたくさんのちが出てきてびっくりしました。

 パパとママがおとうとをびょういんにつれていきました。おとうとはおでこのきずを6はりぬいました。いととはりできずをぬうとき、ますいのちゅうしゃをしたとパパからききました。ちゅうしゃはすごくいたかったとおもいます。

 おとうとがパパとママといっしょにびょういんにいっているとき、おとうとがころんでけがをしないように、ぼくがおにいちゃんだから、もっとおとうとをみてあげればよかったとなみだが出そうになりました。

 おとうとはおでこに大きなしろいテープをしてかえってきました。ぼくはおとうとに、「ごめんね。」といいました。パパとママはだれもわるくないよといいました。でも、ぼくはおにいちゃんだし、おとうとがけがをしたときいっしょにいたから、ぼくがわるいとおもいました。

 おとうとのきずをぬってくれたおいしゃさんはすごいとおもいました。おとうとのおでこのきずからたくさんちが出ていたのに、ちが出ないようにしてくれたからです。

 パパとママはおとうとをなんかいもおいしゃさんのびょういんにつれていきました。なつやすみのあいだ、おとうとはおでこにテープをはっていました。

 おとうとはおでこのテープをなんかいもはがしていました。あせをかいて、テープのところにあせもがたくさんできていました。

 なつやすみがおわって、おとうとのおでこのきずはなおりました。でも、まだしろいあとがのこっています。

 おとうとのおでこのしろいきずのあとをみると、おとうとがけがをしたときをおもいだして、かなしくなります。

 ぼくはおおきくなって、おいしゃさんになりたいです。おいしゃさんになって、おとうとのおでこのしろいきずのあとをなおしてあげたいです。

 おわり