イベント・その他
健康・医療
新規ウィンドウでリンクします。

「心に残る医療」体験記コンクール

第34回「心に残る医療」体験記コンクール入賞作品集

2016.2.5

 第三十四回「心に残る医療」体験記コンクール(日医・読売新聞社主催)の表彰式が、二月七日に都内で開催されました。(日医ニュース平成28年3月5日号記事)新規ウィンドウでリンクします。

 今回の体験記コンクールには、991編にもおよぶ体験記が寄せられました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 下記に受賞作品を掲載しています。

 

【一般の部】
<厚生労働大臣賞> 「お父さんの思い出づくり」
 杉本 眞由美(福岡県)
<日本医師会賞> 「娘を支えてくれた人たち」
 福島 正義(静岡県)
<読売新聞社賞> 「看護師Eさんとの出会い」
 山田 幸夫(兵庫県)
<入選> 「わたしは神様じゃない!」
 岡野 園子(東京都)
「看護師さんの閃きに救われて」
 鍋島 美恵子(福岡県)
「母の心の目に見えたもの」
 中村 和子(千葉県)
「病気と共に生きる」
 藤戸 阿由美(佐賀県)
「命をいただいて」
 上島 博(奈良県)
「ありがとう」
 岩間 泰子(東京都)
「心の支え、ベイリー」
 梅原 美恵(神奈川県)
【中高生の部】
<最優秀賞> 「中三の夏」
 佐藤 顕子(埼玉県)
<優秀賞> 「T先生のレンガ病院」
 八木橋 由祈子(千葉県)
「僕が生きる意味」
 小山 太希(宮城県)
「勉強させられた通院・入院生活」
 倉田 里穂(京都府)
【小学生の部】
<最優秀賞> 「時計をもたないぼくの先生」
 藤原 将眞(千葉県)
<優秀賞> 「何でも最後まで・・・=悲しみから学んだ事=」
 池添 希(奈良県)
「重い病気になって」
 岡田 洋奈(宮城県)
「ママと私の心の先生」
 宮下 月希(新潟県)


主催:日本医師会/読売新聞社
後援:厚生労働省