事例・教育教材・お知らせ等(一覧)information

健康スポーツ医学委員会の過去の答申

2019.09.09医師の方向け

日本医師会では健康スポーツ医学委員会(平成30年度より、運動・健康スポーツ医学委員会)を設置し、運動・スポーツや健康スポーツ医に係る課題について報告書を作成しています。

過去の答申は以下からダウンロードしご覧下さい。

平成30年3月(平成28・29年度)
「健康スポーツ医等の指導のもと国民が運動したくなる環境の整備」

平成28年2月(平成26・27年度)
「国民が運動・スポーツを通じて健康寿命を延ばすための仕組みづくり」

平成26年2月(平成24・25年度)
「認定健康スポーツ医の活躍の場を確保するための具体的方策」

平成24年3月(平成22・23年度)
「国民がスポーツを通じて健康づくりのできる体制の整備」

令和元年度第2次日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会一覧(R元年8月20日以降)

2019.08.05医師の方向け

平成30年度第6次日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会一覧を掲載いたしました。
平成30年度第6回認定健康スポーツ医制度運営委員会で承認された健康スポーツ医学再研修会のうち平成31年4月20日以降に開催されるものを掲載しております。受講申込等詳細につきましては、すべて連絡先へお問い合わせください。

また、こちらから検索できますので併せてご参照下さい。

日本医師会では奇数月末に運営委員会を開催し、再研修会の承認を行っています。
次の更新は9月末~10月初旬の予定です。

認定健康スポーツ医の手引を更新しました(平成31年4月版)

2019.03.29医師の方向け

日本医師会認定健康スポーツ医の手引を更新しました。

認定産業医と表現を合わせたり、他団体の名称変更を反映させるなど、軽微な修正です。

PDFファイル(641KB)をご覧下さい。

 

平成30年度第6次日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会一覧(H31年4月20日以降)

2019.03.27医師の方向け

平成30年度第6次日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会一覧を掲載いたしました。
平成30年度第6回認定健康スポーツ医制度運営委員会で承認された健康スポーツ医学再研修会のうち平成31年4月20日以降に開催されるものを掲載しております。受講申込等詳細につきましては、すべて連絡先へお問い合わせください。

また、こちらから検索できますので併せてご参照下さい。

日本医師会では奇数月末に運営委員会を開催し、再研修会の承認を行っています。
次の更新は5月末~6月初旬の予定です。

運動・スポーツ習慣化促進事業 募集開始

2019.03.19医師の方向け

地方公共団体(都道府県・市区町村)を対象に、運動・スポーツ習慣化促進事業「医療と連携した地域における運動・スポーツの習慣化の実践」の募集が始まっています。

運動・スポーツを推進し、地域で健康増進を図るには、行政、医療関係者、運動施設等の連携が欠かせません。
この事業は、医師から運動やスポーツを推奨されている有疾患者を含めた多くの住民が、疾病コントロール及びQOL の維持・向上のために地域で安全かつ効果的な楽しい運動・スポーツの習慣化を図るための取組を支援するものです。具体的には、健康スポーツ医等と健康運動指導士等の運動指導者が連携して患者情報等を共有し、地域で運動・スポーツの習慣化を実施します。

なお、スポーツ庁への申請提出期限は2019年4月15日(月曜日)17時必着とされています。
詳細は地方公共団体にお問い合わせ下さい。

(概要図)
20190320sokusinjigyou

(詳細)
スポーツ庁ホームページ
2019年度「スポーツによる地域活性化推進事業(運動・スポーツ習慣化促進事業)(スポーツによるまちづくり・地域活性化活動支援事業)」の募集について

(参考)
スポーツ庁ホームページ
スポーツ実施率向上のための行動計画

後発品へのドーピング禁止物質混入について

2019.03.15医師の方向け

ドーピング違反(アセタゾラミド検出)で2018年6月に処罰を受けた選手が服用していた、エカベト Na 顆粒 66.7%「サワイ」の残薬から、アセタゾラミドが検出されました。

これを受けて、沢井製薬株式会社はエカベト Na 顆粒 66.7%「サワイ」を回収することとしました。同社は原薬メーカーの製造段階で混入したと考えて調査しています。また、ごく微量の混入であることから、有効性・安全性に影響を与えるものではないとしています。

ドーピング違反の顛末については日本アンチ・ドーピング規律パネル決定(公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構)をご覧下さい。

(参考)公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構
2018_002事件の決定文公開と競技者及び指導者への注意喚起について

平成30年度第5次日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会一覧

2019.02.21医師の方向け

平成30年度第5次日本医師会認定健康スポーツ医制度再研修会一覧を掲載いたしました。

日本医師会認定健康スポーツ医制度では認定健康スポーツ医の資質向上を図るため、更新制度が設けられております。更新要件は、認定期間(5年間)中に、① 健康スポーツ医学再研修会5単位以上受講、②健康スポーツ医としての実践活動であり、2つの要件を満たした医師は認定健康スポーツ医の更新ができることに なっております。
このたび、平成30年度第5回認定健康スポーツ医制度運営委員会で承認された健康スポーツ医学再研修会のうち平成31年2月20日以降に開催されるものを掲載しております。受講申込等詳細につきましては、すべて連絡先へお問い合わせください。

安易な鉄剤注射に関する注意喚起

2019.01.18医師の方向け

2018年12月より、競技者、特に中高生の長距離競技者に対する安易な鉄剤注射に関して報じられています。2019年1月11日に日本医師会ならびにスポーツ庁から文書が発出されていますので、その中から、公益財団法人日本陸上競技連盟の注意喚起を掲載します。


まとめ

1.指導者、競技者からの鉄剤注射の要望にご注意ください。
2.鉄欠乏状態・鉄欠乏性貧血の診断をご確認ください。
3.鉄欠乏状態・鉄欠乏性貧血の原因は食事からの鉄摂取不足であることが多くあります。
4.鉄欠乏性貧血治療の第1選択は経口鉄剤です。
5.治療開始後には、適宜血液検査をお願いします。
6.鉄剤注射の適応は限られています。
7.鉄剤注射過剰使用による鉄毒性は重篤です。
8.日本陸連は健康確保の点より、適正ではない鉄剤注射を禁止しています。

全文はこちらをご覧下さい。


(参考)

過剰な鉄分は身体に害です! 日本陸連「アスリートの貧血対処7か条」

第29回健康スポーツ医学講習会受講者Q&A

2018.04.02医師の方向け

平成28年度の健康スポーツ医学講習会受講者からいただきました質問と、それに対する講師からの回答を、日本医師会員限定メンバーズルームへ掲載いたしました。

(※本Q&Aでは、あくまでも講習会での質疑応答の範囲内で、受講者からの個別の質問に対する講師からの回答を掲載しております。)

左上「日本医師会員限定メンバーズルーム」の赤いバナーからメンバーズルームへアクセスいただけます。

認定健康スポーツ医の手引(平成23年4月)

2016.08.12医師の方向け

認定健康スポーツ医の手引(平成23年4月)について

パンフレットのダウンロードはこちらから