事例・教育教材・お知らせ等(医師の方向け)information

後発品へのドーピング禁止物質混入について

2019.03.15医師の方向け

ドーピング違反(アセタゾラミド検出)で2018年6月に処罰を受けた選手が服用していた、エカベト Na 顆粒 66.7%「サワイ」の残薬から、アセタゾラミドが検出されました。

これを受けて、沢井製薬株式会社はエカベト Na 顆粒 66.7%「サワイ」を回収することとしました。同社は原薬メーカーの製造段階で混入したと考えて調査しています。また、ごく微量の混入であることから、有効性・安全性に影響を与えるものではないとしています。

ドーピング違反の顛末については日本アンチ・ドーピング規律パネル決定(公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構)をご覧下さい。

(参考)公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構
2018_002事件の決定文公開と競技者及び指導者への注意喚起について