よくあるご質問faq

医師の方向け

スポーツ医学の歴史と認定健康スポーツ医制度ができた経緯を教えてください。
スポーツ現場からの強い要望を受け、1982年に日本体育協会が公認スポーツドクター制度を発足させ、その後、1986年に日本整形外科学会が認定スポーツ医制度を、1991年に日本医師会が認定健康スポーツ医制度を発足させました。
バブル崩壊後、少子高齢化の日本では、医療費の増大が国家財政を圧迫させたことから、健康体力づくりをスローガンとした国策としてのスポーツ医学が進められました。厚生労働省はメタボ対策をうちだし、2002年健康増進法を公布し、基本方針である健康日本21では、健康スポーツ医や健康づくりの運動指導者といった文言も盛り込まれ、健康増進を担う人材として位置づけられております。
健康スポーツ医になりたいのですが、診療科に制約はありますか。
診療科に制約はありません。
なお、診療科別割合は、平成20年時点の調査結果より、上位二科は、内科が46%、整形外科が16%でした。
スポーツ分野は呼吸器・循環器、小児、心療内科でも関わりがあります。あるいは女性特有の課題もあり、幅広い分野で関連があります。
認定健康スポーツ医になりたいのですが、どのようにすればよいでしょうか。
例年秋に開催される「健康スポーツ医学講習会」を受講修了され、ご所属かご勤務地のある都道府県医師会へ新規申請をしていただき、本会役員会において正式に承認されるという手続きとなります。(研修は4日間)
なお、日本整形外科学会もしくは日本体育協会による認定制度の認定医もしくは研修等修了者は、初回の新規申請時一回に限り講習会受講免除となりますので、証明書をもって新規申請が可能です。
他の団体のスポーツ医制度に加入していますが、研修は別途受講が必要ですか。
研修の受講は、各団体ごとに更新要件として定めておりますので、各団体ごとに受講が必要です。
なお、日本医師会の健康スポーツ医学再研修会のうち、他団体開催の研修会を指定し、単位を付与している場合もあります。
健康スポーツ医になった後、更新手続きはありますか。
認定されると、有効期間が5年間となります。更新のためには、5年間に①日本医師会が実施または承認した再研修会5単位以上受講修了し、②健康スポーツ医としての実践活動が必要です。更新手続きは、有効期限の4~5か月前に更新申請書が先生のお手元に届いてからのお手続きとなります。更新時に10,000円の登録料がかかります。ご所属の都道府県医師会(医師会員ではない医師は勤務地の都道府県医師会)にお問い合わせ下さい。
健康スポーツ医になるための費用はどのくらいかかりますか。
資格取得のための登録料は、10,000円となります。ご所属かご勤務地のある都道府県医師会に申請書類と併せてご入金をお願いいたします。5年ごとに更新があり、都度、10,000円の更新料も必要となります。
健康スポーツ医が国民の皆さまに役に立てる分野はどういったところですか。
健康づくりのための運動・スポーツからスポーツ障害・外傷予防、メディカルチェック、運動処方などの競技スポーツ、さらには、リハビリテーション、学校保健、産業保健、競技大会等における救急対応、チームドクター、健康増進施設嘱託医、スポーツ医事相談等に至るまで、幅広い分野を想定しております。
住所、勤務先等が変更となった場合、認定健康スポーツ医証、認定健康スポーツ医更新申請書を紛失した場合の再交付等、手続き方法はどのようにすればよいでしょうか。
ご所属の都道府県医師会(医師会員ではない医師は勤務地の都道府県医師会)にお問い合わせ下さい。
ページ上部に戻る

一般の方向け

病院で健康スポーツ医の認定証を見ました。健康スポーツ医とは、どのような医師のことですか。
運動を行う人に対して医学的診療のみならず、メディカルチェック、運動処方を行い、さらに運動指導者等に指導助言を行い得る医師のことです。スポーツ医学の知識を生かして、児童生徒の健康増進と体力向上に寄与するため、内科的疾患や運動器(骨・関節、それに付随する筋肉・神経)の健全や発育や疾患に関するメディカルチェック等も行います。また、生活習慣病予防のための運動やスポーツなど、健康増進を目的とした各種アドバイスも行います。ぜひとも、医師に具体的な相談をしてみてください。
健康スポーツ医の医師には、どのようなことを相談できますか。
子どもたちの健康に関することや健全な発育・発達のために、異常の早期発見・早期治療、再発予防に関することについてもアドバイスをいたします。また、生活習慣病予防のための運動やスポーツに関するアドバイスをし、メディカルチェックや運動処方を行い、適切な運動強度や頻度等について指導いたします。お気軽に相談してみてください。
個人でスポーツ医に相談してもよいのでしょうか。
2万名近くいる日本医師会認定健康スポーツ医は、全国の診療所等におりますので、その場でご相談いただくことは可能です。お近くの郡市区医師会もしくは都道府県医師会へお問い合わせいただければ、近隣の健康スポーツ医をご紹介いたします。
私は小学校の教員です。すでに健康診断を実施していますが、スポーツ医にお願いすることは可能ですか。
公立学校の健康診断は、各教育委員会から学校医として委嘱された医師が行っております。スポーツ医は、生徒の運動器(骨・関節、それに付随する筋肉・神経)の健全な発育状態のチェックや運動指導などが可能です。各校長ならびに教育委員会とご相談いただき、お気軽に都道府県医師会へお問い合わせください。
私は会社の福利厚生を担当している者です。従業員の健康診断を行っていますが、スポーツ医に何かお願いすることも可能ですか。
スポーツ医は疾病予防、健康増進の分野で専門的な知識を持っている医師です(メタボ対策など)。健康診断とは別に健康増進に関心がある場合など、お気軽にお近くの郡市区医師会もしくは都道府県医師会へお問い合わせください。
健康診断、健康増進について、健康スポーツ医に相談をしたいのですが、紹介してもらうことは可能ですか。
お近くの郡市区医師会もしくは都道府県医師会へお問い合わせいただければ、近隣の健康スポーツ医をご紹介いたします。
ページ上部に戻る