日医ホーム世界医師会 >>サイトマップ  

  世界医師会 世界医師会ロゴ

世界医師会(World Medical Association:WMA)は、1947年9月17日、パリにおいて27カ国からの医師が一堂に会し、第1回総会を開催したことを契機として設立されました。そして、「医学教育・医学・医術および医の倫理における国際的水準をできるだけ高め、また世界のすべての人々を対象にしたヘルスケアの実現に努めながら人類に奉仕すること」を目的として組織されました。現在では89カ国医師会が加盟し、全世界の医師を代表したNGO組織の国際的な連合体として、毎年、春に中間理事会、秋に総会を開催し、医の倫理や社会医学に関連するテーマを協議しています。これまでにジュネーブ宣言・ヘルシンキ宣言・リスボン宣言・マドリッド宣言等をはじめとする数多くの政策文書を採択し、公開しました。こうしたWMAの活動は医師の能力を高め、あらゆる環境において患者のケアを助け、世界中の人々のQOLを向上させることに貢献しています。

日本医師会は1951年の第5回ストックホルム総会において加盟しました。1975年に「医療資源の開発と配分」を主テーマに第29回世界医師会東京総会を、また2004年10月には「先端医療と医の倫理」・「ITの進歩と医療」を主テーマとして2004年世界医師会東京総会を、日医主催により開催いたしました。これまでに武見太郎元会長(1975年就任、第29代WMA会長)、坪井栄孝元会長(2000年就任、第52代WMA会長)がWMA会長に就任されています。

WMA医の倫理マニュアル表紙・小 WMA医の倫理マニュアル

 
詳細は日医雑誌2005年1月1日号をご覧下さい(要・日医会員専用アカウント)。

1.テーマI 先端医療と医の倫理
 (1)先端医療と医の倫理(高久史麿)
 (2)先端医療と医療保険(櫻井秀也)
 (3)医療技術の将来―医学教育と医療現場への影響(Henry Haddad)
 (4)医療技術と医の倫理―WHOの立場から(講演要旨)(Steffen Groth)

2.日医会長講演
   今、医療に求められるもの(植松治雄)

3.テーマII ITの進歩と医療
 (1)21世紀におけるITの進歩と医療との調和(開原成允)
 (2)情報医学とゲノム科学によるヘルスケアの変化(Ju Han Kim)
 (3)情報化社会における医療情報とプライバシー(樋口範雄)

4.特別講演
   医師の生涯教育とプロフェッショナルオートノミー(橋本信也)

5.パネルディスカッション
   情報化社会における先端医療と医の倫理
   (座長:Sir David Carter
    パネリスト:Henry Haddad・Steffen Groth
          開原成允・Ju Han Kim・樋口範雄)

6.総括(宮崎秀樹・橋本信也)

new

  日本医師会ホームページhttp://www.med.or.jp/
Copyright (C) Japan Medical Association.
All rights reserved.