知って得する病気の知識

site map
site map+




●動脈硬化の種類と起こり方

 <種 類>

動脈硬化には、どの動脈に起こるか、またその起こり方によって3つのタイプに分けることができます。

【アテローム(粥状)硬化】

大動脈や脳動脈、冠動脈などの比較的太い動脈に起こる動脈硬化です。動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなるドロドロした粥状物質がたまってアテローム(粥状硬化巣)ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなるといわれています。

【中膜硬化】

動脈の中膜に石灰質がたまって骨化します。中膜が壊れやすくなり、血管壁が破れることもあります。大動脈や下肢の動脈、頚部の動脈に起こりやすい動脈硬化です。

【細動脈硬化】

脳や腎臓の中の細い動脈が硬化して血流が滞る動脈硬化です。高血圧症が長く続いて引き起こされることの多いのが特徴です。

・血管の内膜を覆っている血管内皮が何らかの理由で傷つけられると、白血球の一種であるマクロファージが、内膜に染み込んだ血液に含まれるコレステロールをどんどん取り込んでアテローム(粥状硬化巣)を作ります。

・さらに傷ついた部分を補修するために、血液を凝固させる働きの血小板が付着して、さらに内膜が肥厚します。

・アテロームが大きくなると表面の膜が薄くなって破れることもあります。破れると血栓が作られ、これを繰り返しながら動脈硬化が進み、血管が狭くなって血流が滞ったり、閉塞したりします。




TOP