知って得する病気の知識

site map
site map+




●動脈硬化の起こりやすい部位と病気(動脈硬化症)

動脈硬化は全身の動脈で起こりますが、その部位によって病気とその症状が異なります。動脈硬化の起こりやすい部位と病気を紹介しましょう。

【脳動脈、頚動脈‥‥脳梗塞、脳出血、老年性痴呆症など】

脳に酸素や栄養を運ぶ動脈が脳動脈や頚動脈です。動脈硬化によって血流が途絶えて起こるのが脳梗塞、もろくなった血管が破裂して出血を起こすのが脳出血です。脳血管障害による痴呆症は、脳の動脈硬化により脳梗塞や脳出血が起こり、脳の一部が障害を受けて認知障害などの症状が現れることをいいます。


【冠動脈‥‥狭心症、心筋梗塞など】

心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈。動脈硬化によって内腔が狭くなり血流量が減ると心臓が酸素不足に陥り、胸の痛みや息苦しさを伴う発作を起こします。これが狭心症です。さらに、冠動脈の動脈硬化の部分が血栓で完全に詰まった状態になった場合を心筋梗塞といい、激しい胸痛や呼吸困難、脈の乱れを起こします。

【胸部大動脈や腹部大動脈‥‥大動脈瘤】

動脈硬化が原因となって動脈の一部がふくれて瘤のようなものがつくられることを動脈瘤といい、できる部位によって胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤に分けられます。瘤のできた部分が破裂して大出血を起こしショック状態になり、短時間で死亡することもある危険な病気です。

【腎動脈‥‥腎硬化症】

高血圧が長期間続くと腎臓の中の細い動脈の硬化が起こり、腎臓を流れる血液の量が減少して、腎臓の機能が低下する病気です。

【末梢動脈‥‥閉塞性動脈硬化症】

下肢の動脈に硬化が起こり血流が滞ると、下肢のしびれや疼痛などの症状が現れます。なかでも間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、動脈硬化によって血流が不足して歩くと痛みがあり、少し休むと血流が戻って痛みがおさまる症状が特徴的です。症状が進行すると足指に栄養が行き届かなくなり、壊死することもあります。


TOP