知って得する病気の知識

site map
site map+




●予防−つけない、増やさない、生かさない−



●衛生管理

 ◆井戸水、受水槽など

  • 糞便を介したO157による汚染がないかどうか点検します。

 ◆手洗いの励行

  • 人から人への感染を防ぐには、手洗いをまめにすることが大切です。排便後、食事の前、とくに下痢をしている子どもや高齢者の世話をしたときには、石けんと流水でよく手を洗います。患者さんの便に触れた場合は、直ちに流水で十分に手洗いを行い、逆性石けんまたは消毒用アルコールで消毒してください。また、患者さん本人も同様に十分な手洗い、消毒を行います。



●食品の購入・保存

  • 食品の購入や保存にあたっては、O157をつけないよう、増やさないよう注意します。
  • 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを、表示のあるものは賞味期限をきちんと確かめて買うようにします。
  • 冷蔵や冷凍の必要な生鮮食品は、買い物の最後に購入し、できるだけ早く帰宅して冷蔵、冷凍します。
  • 冷蔵・冷凍する場合は、早く冷えるように、浅い容器に小分けにして保存します。
  • 肉汁や魚の汁がほかのものにつかないよう、ビニール袋に入れます。
  • 冷蔵庫や冷凍庫に食品を詰めすぎると、十分に冷えないことがあるので注意します。
  • 冷蔵庫は10℃以下(細菌の増殖がゆっくりになる)、冷凍庫は−15℃以下(細菌の増殖が止まる)に保ち、早めに食品を使い切るようにします。
  • 食品を直接床の上に置いたりしないようにします。



●衛生的な調理

 ◆調理を始める前に

  • 調理台の上をきちんと片づけます。
  • 清潔なタオル、ふきんを用意します。
  • 手を石けんと流水でよく洗います。

 ◆調理器具(包丁、まな板、おはしなど)

  • 使ったあとはすぐに洗剤と流水で洗いましょう。
  • 生肉が触れたものは洗ってから、熱湯で消毒しましょう。
  • できれば、肉・魚用と野菜用とに分けましょう。
  • ふきんは消毒液(次亜塩素酸ナトリウムなどの漂白剤)か煮沸で消毒しましょう。
  • たわしやスポンジは煮沸消毒しましょう。

 ◆調理中の注意

  • 加熱調理済みの食品や生で食べる野菜に、肉や魚の汁がかからないようにしましょう。

 ◆生で食べる野菜

  • 流水でよく洗いましょう。

 ◆冷凍食品

  • 解凍は冷蔵庫の中か、電子レンジで行います(室温で解凍すると、細菌が増える恐れがあります)。
  • 使う分だけ解凍し、解凍したら、すぐに調理します。

 ◆肉、魚、卵

  • 十分に加熱して、生焼けの部分を残さないようにします(中心部の温度が1分間以上75℃となるように)。


●危険を避ける食生活

  • 調理をしたら、なるべく早く食べるようにします(食品にO157が残っていた場合、室温に15〜20分間放置すると、その数は約2倍に増えます。
  • 冷蔵庫の中でも、O157はゆっくり増えていきますので安心してはいけません。
  • 市販品の賞味期限に注意します。
  • 保存状態によっては、再加熱してから食べます(75℃以上。スープやみそ汁は沸騰するまで)。
  • 少しでも不安があるときは、思い切って捨てます。



TOP