知って得する病気の知識

site map
site map+




●治療−早めに、慎重に−



●医師の診察を受けるタイミング

  • 下痢が続いたり、血が混じっているときは、早めに診察を受けてください。



●検査

最初に行う検査は便の細菌検査です、便にO157がいるかどうかを調べます。下痢が長引いたり、血便が見られるようなら、尿検査と血液検査を繰り返して、溶血性尿毒症症候群(HUS)が起こっていないかを調べます。

 ◆便検便

  • O157が見つかり、ベロ毒素を作ることが確かめられると、O157感染症と診断されます。

 ◆血液検査

  • 赤血球数、血小板数、白血球数などを調べます。さらに腎臓や肝臓の機能を調べます。

 ◆尿検査

  • 溶血性尿毒症症候群の早期発見のために尿を調べます。

 ◆その他の検査

  • 腹部超音波検査を行うことがあります。

 ◆菌陰性化の判定

  • 24時間以上間隔をあけて、少なくとも2回便の細菌検査を行い、菌が見つからなければ身体の中からO157が消えた(菌陰性化)と判定されます。
  • 抗菌薬を服用していた場合は、服薬中と服薬中止から24時間後の2回の便の細菌検査で、菌が見つからなかったとき、身体の中からO157が消えたと判定されます。



TOP