休日の過ごし方 応用編

顔の体操

一日に何回か、無理のない回数で、痛くない程度に行うと効果的です。また鏡を見ながら体操すると、筋肉が動く様子がよくわかります。歯磨きのついでにできる体操です。

ライン

●顔を軽く押してみましょう

顔をまっすぐにして、両手の指のはらで顔をまんべんなく数回軽く押してみましょう。
気持ちのよい強さで、3回ほどぐるっと顔じゅう刺激してみましょう。

ライン

●声を出して「あいうえお」

ゆっくりとなるべく大きな動作で、「あーーいーーうーーえーーおーー」と声を出してみましょう。目も大きく開いたり、ぎゅっと閉じたりしながら顔の筋肉を意識して動かします。

ライン

●顔を伸ばして縮めて

口をとがらせ、眉毛も目も顔の中心に寄せます。次にぱっと口を大きくあけ、眉毛をなるべく上に、目もぱっちりと開いて、全体のパーツをなるべく外側に広げます。

ライン

●目玉くるくる体操

顔を正面に向けたまま、目玉だけを動かします。真上→右上→右→右下→下→左下→左→左上→真上と瞳を動かし、最後に寄り目にします。逆回りも試してみましょう。

ライン

●舌出し体操

口を大きく開き、思いっきり舌を突き出します。首の筋肉も意識しながら、やってみましょう。咀嚼筋が鍛えられ、顎関節症の予防になります。

ライン