こんなケースはどうすべき? 混合診療ってなに?
混合診療ってなに?トップページへ
前のページ (2/3) 次のページ

具体例(想定ケース)

手術のときに、切った部分を縫合する機器(自動縫合器)を使って縫った場合、手術によって、例えば2個までとか4個までしか健康保険では認められていない。傷口の状況により、もっと多く使う必要がある場合、数を超えた分は自費で料金をとれるようにしたら?

日本医師会の考え方

患者さんの状態によって、多く使う必要がある場合は、個別に健康保険で認めるべき。病気やけがに対する治療は、患者さんの年齢や体力などによっても異なるので、個別に対応すべき。

ページの先頭へ

日本医師会ホームページ http://www.med.or.jp/
Copyright (C) Japan Medical Association. All rights reserved.