日本医師会 救急蘇生法8.3分の間に、できること。命をつなぐリレーに参加してください。救急車の平均到着時間は8.3分といわれています。心停止から1分ごとに、救命率は7?10%下がります。その間に、あなたに出来ることがあります。一般市民の方による迅速な救急通報、迅速な心肺蘇生とAEDは、救急隊や医療機関での処置と比べて、心停止患者の救命、社会復帰に、より大きく貢献するといわれています。


心肺蘇生法の手順

心臓マッサージ(胸骨圧迫)を、強く、速く、絶え間なく!!まずは、心肺蘇生法の講習会を受けましょう。医師会や日本赤十字社、消防署などで受けられます。
手順1:反応があるか確認。何らかの「応答」や「しぐさ」がない。
手順2:119番通報とAEDの手配。
手順3:呼吸を確認する。普段どおりの息(正常な呼吸)があるかないかを「見て、聴いて、感じる。」正常な呼吸がない場合は…
手順4:ただちに心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行う。強く!速く!絶え間なく!呼吸がないか、異常な呼吸(しゃくりあげるような不規則な呼吸)があるときは、ただちに心臓マッサージ。心臓マッサージをする場所は「胸の真ん中」が目安
人工呼吸ができる場合は… まずは気道を確保する。片手で傷病者の額を押さえながら、もう一方の手の指先をあごの先端に当てて持ち上げます
手順5:AEDが到着したら AEDは、心停止した心臓に除細動(電気ショック)を与え、心臓の拍動を正常に戻る救命器具です。電源を入れて(ふたを開けると電源が入る機種もあります)電極パッドを装着し、音声ガイドに従ってください。どなたでも簡単に扱えます。※除細動ボタンを押すときは、「みんな離れて」と声を出し、手振りも使って離れるように指示します。電気ショック後、ただちに心肺蘇生を再開します。
お問い合わせ
誠に恐れ入りますが、万が一電子メールでの返信ができなかった場合に備え、
お問い合わせの際はお名前やご連絡先を明記していただきますようお願いいたします。
いただいた個人情報は、お問い合わせへの返信以外には使用いたしません。

このページの先頭へ ▲