覚えてください。まずは、あなたの大切な人のために―

日本医師会 救急蘇生法サイト

MENU
スマホ・携帯電話に救急蘇生法を登録!いざというときのために、心肺蘇生法が持ち歩けます。

はじめに

はじめに

はじめに

ここでは、乳児…1歳未満 小児…1歳から16歳未満(目安としてはおよそ中学生までを含む)とします。

手順

心臓マッサージ(胸骨圧迫)と人工呼吸

心肺蘇生は成人と同様、心臓マッサージ(胸骨圧迫)30回と人工呼吸2回の組み合わせを絶え間なく続けます。

  • 胸の厚みの約3分の1沈む深さまで強く圧迫します。
  • 成人と同様、人工呼吸ができる場合は、気道を確保し人工呼吸を2回行います。
  • 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を交互に行います。

乳児(1歳未満)の場合

両乳頭部を結ぶ線の少し足側を目安とする胸の真ん中を、2本指で押します。

小児(1歳以上16歳未満)の場合

体格が大きければ、成人同様に両腕で胸骨圧迫を行ってもよい。

心臓マッサージ(胸骨圧迫)と人工呼吸

AEDの使用手順は、成人における手順と同様ですが、小児用パッドや小児用モードがある場合、未就学児には小児用パッド・小児用モードを使用して下さい。

AEDの小児用パッド・小児用モード

  • ある時:傷病者が乳児を含めた未就学児と推測されるときに使用します。
  • ない時:成人用パッド、成人用モードを使用してください。※成人用パッドを用いて小児用モードを使用する場合、小児用パッドより大きいので、パッドが触れ合わないようにして下さい。
スマホ・携帯電話に救急蘇生法を登録!いざというときのために、心肺蘇生法が持ち歩けます。

印刷して読む

Copyright © Japan Medical Association All rights reserved.
このページの先頭へ