子宮がん 原因 症状 主な検査
検査は簡単短時間ですみます
内診
子宮や卵巣に腫れがないか、膣や頸管に異常がないかなどを医師が診察します。
コルポスコープ検査
コルポスコープという拡大鏡で子宮の入口表面を拡大して観察し、異常や病変がないか調べます。
細胞診
子宮の入口などの部分を綿棒でこすりとり、顕微鏡で細胞を調べます。


前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.