子宮がん 原因 症状 主な検査

若年化が進んでいるがん20〜30歳代で発生するケースもあります
子宮がんには、子宮の入り口付近にできる子宮頸がんと子宮内にできる子宮体がんがあり、このふたつは異なる性質を持っています。

子宮頸がんは、最近特に若年化が目立ち、20〜30歳代で発生するケースが増えてきています。 子宮がん全体の80〜90%を占めます。

子宮体がんは、閉経後の50〜60歳代の人に多くみられ、子宮がん全体に占める割合が年々増えてきています。

前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.