COPDを知っていますか?原因はタバコ喫煙指数
こわれた肺は元にもどらないCOPDの診断と予防治療と日頃の注意

COPDの診断と予防
診断は「スパイロメトリー検査」によって行われます。息を深く吸い込んで思い切り最後まで吐き出した量が肺活量ですが、最初の1秒間に吐き出す息の量が肺活量に占める割合(1秒率)によって、呼吸機能を計測します。この1秒率が70%以下の場合にCOPDと診断されます。
タバコを吸い続けている方、吸ったことのある方は、ぜひこの検査を受けてみてください。

予防は、言うまでもなく禁煙です。家族にタバコを吸う人がいる場合は、喫煙の有害性を話し合って、禁煙をすすめましょう。

禁煙したくてもなかなかできない人は、禁煙外来などで医師に相談してみてください。

とくに不安な方には、医療機関で肺機能検査や胸部CT検査を受けることをおすすめします。
前へ次へ 閉じる