片頭痛って?ストレスが原因?予防と治療
早めの薬とリラックス

片頭痛の急性期治療には、軽度〜中等度の頭痛には消炎鎮痛薬、中等度以上の頭痛または過去に消炎鎮痛薬の効果がなかった場合には、片頭痛特異的治療(トリプタン系薬剤など)が使われます。また、エルゴタミン製剤や漢方薬も、発作開始直後に使用すると効果がみられることがあります。ただし、急性期治療薬は3ヵ月を超えて連日のように服用すると、薬物乱用頭痛をきたす可能性があることに注意してください。


心理的ストレスが原因になっている場合は、抗うつ剤、精神安定剤などの服用で症状が軽減することもあります。

また、片頭痛と付き合っていくうちに、自分の発作がどんなパターンで起こるのか、どうすれば軽く抑えることができるかがわかってきます。
人によってさまざまですが、たとえば「静かなところで安静にする」「部屋を暗くする」「痛いほうのこめかみを指で押さえる」などといったことで痛みをやわらげることができます。


B子さんの場合はストレスからきていたようですが、頭痛には大きな病気がかくれていることもあるので、かかりつけ医に相談したり、頭痛外来、ストレス外来に行くことをお勧めします。

前へ次へ 閉じる