close
Contents
脂質異常症がふえている!
脂質異常症の種類
肥満が最大の敵
脂質異常症から動脈硬化へ
予防
   
高脂血症
脂質異常症(高脂血症)の種類
看護バト

血中脂質にはコレステロール(LDLまたはHDL)中性脂肪(TG)、リン脂質などの種類がありますが、多すぎると問題になるのはLDLコレステロールと中性脂肪です。逆に少なすぎると困るのはHDLコレステロールです。LDLコレステロールをふやしてしまう原因は食生活や運動不足であり、HDLコレステロールを減らす原因は喫煙や肥満、運動不足などと考えられています。


脂質異常症かどうかは、血液検査でわかります。

日本動脈硬化学会の診断基準は、以下の通りです。

 


名称 診断基準
高LDLコレステロール血症 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 40mg/dl未満
高トリグリセリド血症 150mg/dl以上

backnext
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.