close
Contents
脂質異常症がふえている!
脂質異常症の種類
肥満が最大の敵
脂質異常症から動脈硬化へ
予防
   
脂質異常症(高脂血症)予防看護バト

脂質異常症の予防は、何よりもまず第一に、生活習慣を見直すことです。たとえば、食生活の改善をはかり、規則正しい生活を心がけ、運動不足や喫煙、ストレスなどの脂質異常症を招く要因はできるだけ避けるようにします。

また、脂質異常症と診断された場合も、同じくまず第一に生活習慣の見直しが必要です。かかりつけの医師とよく相談しながら、食生活や日常生活を改善しましょう。



【食事】
 1.肉類よりも魚・野菜・穀物を中心にした食事を摂る
 2.揚げものや炒めものを控える
 3.塩分を控える
 4.適正なカロリー摂取を心がける
 5.ビタミンやミネラル、食物繊維をたくさん摂る
 6.酒を飲み過ぎない
 7.お菓子や甘い飲料などの糖質を控える
 8.コレステロールを多く含む食品を控える

【日常生活】
 1. 体重を管理する
 2. 睡眠を十分にとる
 3. 適度な運動を行う
 4. ストレスをためない
 5. 定期的に健康診断を受ける
 6. 禁煙する
backnext
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.