close
heightbar
CONTENTS

川崎病とは?

●川崎病の症状

川崎病の予後と後遺症





川崎病
川崎病の症状

川崎病には6種類の特徴的な症状があり、このうち5つ以上の症状が認められた場合、川崎病と診断されます。

  1. 5日以上続く発熱(治療により5日未満で熱が下がった場合も含む)
  2. 両目の結膜の充血
  3. 唇が赤くなる、いちご舌(舌がイチゴのように赤く腫れ上がる)、口やのどの粘膜が赤くなる
  4. 身体に赤い発疹が出る(不定形発疹)
  5. 頸部のリンパ節が腫れる(化膿はしない)
  6. 頸手足の先が赤くなったり硬く腫れる、回復するときに指の先の皮がむける

img

なお、上記6種類の症状のうち4つの症状しか認められない場合も、断層心エコー法や心血管造影法で心臓に冠動脈瘤や拡大が見つかり、他の病気が除外されれば川崎病と診断されます。

 

 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.