close
heightbar
CONTENTS

●口内炎とは

主な口内炎の特徴

間違えやすい病気と口内炎の注意





口内炎
口内炎とは

口の中の粘膜に起こる炎症をすべて「口内炎」といいます。ひとくちに口内炎といっても、さまざまな種類があります。

まず、粘膜表面の症状で分類すると、アフタ性、カタル性、潰瘍性、壊疽性(えそせい)、水泡性、紅斑性(こうはんせい)……などがあります。また、原因で分類すると細菌性、真菌性、ウイルス性、アレルギー性……などに分けることができます。

ただし、症状は時間とともに変化することもあるので、これらの分類はあくまでも便宜的なものです。 さまざまな種類がある口内炎ですが、最も多く見られるのが「アフタ性口内炎」で、私たちがふつう口内炎と呼んでいるのは、ほぼこのタイプといってもいいでしょう。



 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.