close
heightbar
CONTENTS

●りんご病とは?

りんご病の症状

注意すること





バセドウ病
バセドウ病は女性に多い病気

頬がりんごのように赤くなることから「りんご病」と呼ばれていますが、正式には「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」といいます。

img

4〜5歳の幼児を中心に3〜12歳くらいの子どもに多い病気ですが、時には大人がかかることもあります。初夏から秋にかけて流行することが多く、4〜6年周期で流行するともいわれています。また、風疹やじんましんと区別しにくい病気でもありますが、頬にかゆみの強くない赤みが見られれば、りんご病を疑ってよいかもしれません。

りんご病の原因は、ヒトパルボウイルスB19というウイルスで、通常は鼻水やくしゃみ・咳による飛沫で感染します。



 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.