狭心症と心筋梗塞のちがい狭心症とは?心筋梗塞とは?4つの大敵
4つの大敵
狭心症・心筋梗塞を防ぐためには、血液をサラサラに保つ生活習慣を
狭心症や心筋梗塞を予防するには、動脈硬化にならないように血液をサラサラに保つことが重要です。血管は加齢とともに弾力性が落ちていき、それだけ動脈硬化にもなりやすくなるので、日ごろから危険因子を減らすような生活を心がけましょう。


高脂血症
コレステロールや中性脂肪が高いと動脈硬化を起こします。
脂肪分のとり過ぎや、アルコールの飲み過ぎは控えましょう。

オーバーウエイト
オーバーウエイトは万病のもと。高脂血症の原因ともなります。
食べ過ぎをつつしんで、適度な運動も必要です。

過労・ストレス
疲労やストレスをため込んだり興奮状態が続くと、血圧が上昇して血管に負担がかかります。睡眠を十分にとることも必要です。

喫煙
喫煙は血管を収縮させ動脈硬化を進行させてしまいます。
前へ次へ 閉じる