あなたのため、そばにいる人のため 禁煙は愛

禁煙の医学

やめたくても
やめられない喫煙
「ニコチン依存症」
という病気です

  • 喫煙で「集中力が増す」
    「イライラが消える」は錯覚
  • 脳に瞬時に届いて
    快楽物質を出してすぐに消える
    ニコチンの作用が依存をつくる
  • ニコチンは麻薬と同じくらい
    依存性が高い

禁煙が難しいのは
体も心も
依存しているからです

たばこがなかなかやめられない人の中には「禁煙ができるのは意志が強いからだ」と思い込んでいる人がいますが、禁煙できないのは意志の問題ではなく、ニコチン依存症という病気のためだと、まず認識してください。ニコチン依存症の人はニコチンが切れるとイライラやストレスを感じるようになります。ここで喫煙すると脳波が一時的に正常に戻るだけでなく、快感物質(ドーパミン)も放出されるため、「たばこでリラックスできる」と錯覚してしまうのです10)

10)Dani JA, et al. Neuron.1996; 16: 905-8

たばこがやめられなくなる
ニコチンのワナ!

ニコチン依存症の強さは
麻薬と同じくらいやっかい

ニコチン依存症になりやすいのは、たばこの煙を吸い込んだ途端にニコチンが肺から急速に吸収されることも関係しています。喫煙を開始して約7秒でニコチンが作用し、イライラ解消が実感されるため、脳で喫煙がよいものだと認識され、ニコチン依存が強化されます。ただし、ニコチンの影響はなくなるのも早く、イライラやストレスが再び出現します。これが「ニコチン切れ」という離脱症状(禁断症状)です。ニコチン依存症から抜け出すのは、ヘロインやコカインをやめるのと同じくらい難しいと言われています。

ニコチンは、ヘロインや
コカインなどの
麻薬と同じくらい
依存性が高い!

  • 使用者が依存症になる割合 ニコチンヘロインコカイン > アルコール > カフェイン
  • 依存症になった人の禁断症状の強さ アルコール > ヘロインニコチンコカイン > カフェイン
  • 依存症の人がやめる難しさの度合い コカインヘロイン = アルコール = ニコチン】 > カフェイン

Royal College of Physicians:Nicotine Addiction in Britain: A Report of the Tobacco
Advisory Group of the Royal College of Physicians. 2000 より作図

口の中の病気にも
気をつけて!

喫煙していると歯周病にかかりやすいことが分かっています。歯周病が怖いのは、進行すると歯を失う原因になるだけでなく、全身の健康にも影響することです。その他、ヤニで歯が黒くなる、ひどい口臭がするなど、美容やエチケット面でもマイナスばかりです。お口の健康のためにも、禁煙したいものですね。

その他のコンテンツ