閉じる

平成28年(2016年)2月20日(土) / 日医ニュース

かかりつけ医機能の充実・強化を目指し「日医かかりつけ医機能研修制度」を開始

 日医では、4月より都道府県医師会を実施主体として、「日医かかりつけ医機能研修制度」を開始する予定となっています。今号では改めて、制度の目的や研修内容についてご説明します。

1.どのような目的で実施するのでしょうか。

 本研修制度は、今後の更なる少子高齢社会を見据え、地域住民から信頼される「かかりつけ医機能」のあるべき姿を評価し、その能力を維持・向上するための新たな研修制度です。日医では、かかりつけ医を「何でも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」と位置づけてきました。わが国の医師は、昔からこのような機能を果たしてきましたが、地域包括ケアシステムの構築が進められ、かかりつけ医機能の重要性が更に高まる今こそ、改めてかかりつけ医機能の充実・強化を図る必要があると考えられることが本研修制度発足の背景にあります。
 本研修制度の修了者には、都道府県医師会より修了証書または認定証が交付されますが、それは当該医師が地域のかかりつけ医として活動し、研鑽を続けていることを示すものとなり、かかりつけ医に対する地域住民からのより一層の信頼にもつながるものと考えます。
 また、平成29年度からは、新たな専門医制度として総合診療専門医の養成が開始されますが、総合診療専門医はあくまで学問的な位置づけであり、将来、総合診療専門医の資格を持った医師も、地域医療を実践する際には本研修制度を受講して頂きたいと考えています。
 このようなことから、本研修制度の受講対象となる医師は、地域住民のかかりつけ医となる全ての医師と考えており、診療科や主たる診療の場は問いません。
 先生方にはぜひ本研修制度を受講して頂き、引き続き地域医療の現場でご活躍頂きたいと思います。

2.どのような研修内容でしょうか。

 本研修制度では、「かかりつけ医機能」として、

1.患者中心の医療の実践
2.継続性を重視した医療の実践
3.チーム医療、多職種連携の実践
4.社会的な保健・医療・介護・福祉活動の実践
5.地域の特性に応じた医療の実践
6.在宅医療の実践

の6つを掲げており、このような機能に沿った形の研修内容としています。
 研修体系は、「基本研修」「応用研修」「実地研修」の3つで構成されており、各研修の概要は図1のとおりとなっています。

かかりつけ医機能の充実・強化を目指し「日医かかりつけ医機能研修制度」を開始

 応用研修については、日医において、3年度分の研修内容を盛り込んだ講義要項(シラバス)を作成いたしました。今後はシラバスに基づくテキストを年度ごとに作成していき、「日医かかりつけ医機能研修制度応用研修会(仮称)」では、当該テキストを使用した座学の研修を実施します。各年度で予定している応用研修の講義内容は図2をご参照下さい。

かかりつけ医機能の充実・強化を目指し「日医かかりつけ医機能研修制度」を開始

 また、日医や都道府県医師会等が行っている「地域包括診療加算・地域包括診療料に係るかかりつけ医研修会」や、「かかりつけ医認知症対応力向上研修」などを受講した場合にも、応用研修の単位としてカウントすることを可能とします。
 実地研修として規定した具体的な活動内容については、図3をご覧下さい。いずれも地域のかかりつけ医に求められる活動であると考えています。

かかりつけ医機能の充実・強化を目指し「日医かかりつけ医機能研修制度」を開始

3.修了要件を満たした後の流れを教えて下さい。

 本研修制度の実施主体は、本研修制度の実施を希望する都道府県医師会となります(本年2月20日現在では、各都道府県医師会に対し、実施意向を伺っている段階です)。本研修制度を実施する都道府県医師会においては、原則として毎年12~1月の2カ月間が修了申請の受付期間となるため、全ての修了要件を満たした先生には、規定の申請書等の提出書類をご用意頂き、受付期間内に所属の郡市区医師会を通じて修了申請を行って頂くことになります。本研修制度の修了確認ができた先生には、修了申請を行った翌年度の4月1日付で、都道府県医師会より修了証書または認定証が交付されます。
 なお、都道府県医師会によって申請手順等が異なることもありますので、制度の実施状況等を含め、詳細につきましては、所属の都道府県医師会または日医にご照会下さい。
 また、平成27年12月3日に開催した「都道府県医師会生涯教育担当理事・日医かかりつけ医機能研修制度担当理事合同連絡協議会」において、都道府県医師会の担当理事に対して本研修制度に関する説明を行いました(別記事参照)。その際の映像は、日医ホームページのメンバーズルーム(会員専用ページ)にも掲載しておりますので、ご参照下さい(http://www.med.or.jp/japanese/members/flv_movie/20151203syogai/index.html)。

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる