閉じる

平成29年(2017年)1月20日(金) / 日医ニュース

映画「うさぎ追いし―山極勝三郎物語―」が完成

©2016「うさぎ追いし―山極勝三郎物語―」製作委員会

©2016「うさぎ追いし―山極勝三郎物語―」製作委員会

 世界で初めて人工的ながんの発生実験に成功し、がん発生原因の解明に道を拓いた山極勝三郎氏の生涯を描いた映画「うさぎ追いし―山極勝三郎物語―」(日医他後援)がこのほど完成し、全国で随時上映が開始されている。
 山極氏は、江戸から明治の転換期に、上田藩の下級武士の家系に生まれ育ち、わずか16歳で上京。他家に婿入りした後、東京帝国大学医学部に入学し、臨床医ではなく、病理解剖学の道へと進み、結核を患いながらも、うさぎを使った実験により、世界で初めて人工的ながんの発生実験に成功した。
 がん研究において日本の第一人者の山極氏の偉大な功績はあまり知られておらず、本映画は実験成功から100年を超えたことを契機として制作されたものである。
 主人公の山極を遠藤憲一が、山極に寄り添い続けた妻かね子を水野真紀がそれぞれ好演。夫婦愛と郷土愛に満ち溢れた本作品を、ぜひご覧下さい。
 なお、上映館等の情報は、公式ホームページ(http://usagioishi.jp/)でご確認願いたい。

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる