製薬企業・医療機器メーカー向け

各科医会、日本医学会分科会(都道府県単位未満)など、各種団体の主催による講習会・講演会・ワークショップ・学会等における単位・カリキュラムコードの付与について(製薬・医療機器企業等向け)

 各科医会、日本医学会分科会(都道府県単位未満)など、各種団体の主催による講習会・講演会・ワークショップ・学会等については、原則として、開催地域の都道府県医師会(または郡市区医師会)に事前に申請を行い、都道府県医師会(または郡市区医師会)が必要に応じて承認を行う。
 都道府県医師会または郡市区医師会が、講習会・講演会・ワークショップ・学会等(以下、「講習会等」という)情報および出欠管理を行う全国医師会研修管理システム(以下、「研修管理システム」という)を利用している場合があるので、主催者は、申請前に都道府県医師会(または郡市区医師会)に連絡の上、指示に従う。
 申請に当たっての申請様式は、下記1の例を参考とし、主催者が開催地域の都道府県医師会に申請する。ただし、都道府県医師会によっては申請様式が異なる場合もある。
 なお、製薬・医療機器企業等が協力する講習会に単位・カリキュラムコードを付与しない都道府県医師会もあるので、地域の実情に合わせて、ご対応いただきたい。

  1. 単位
    受講時間1時間あたり1単位とする。最小単位は、30分0.5単位。
    1日の上限は設けない。なお、挨拶、休憩時間は受講時間には含めない。
  2. カリキュラムコード(略称:CC)
    84のカリキュラムコード(下記2)から、演題毎に講演内容に対応した1カリキュラムコードを指定する。なお、最小時間は30分1CCだが、1時間(30分+30分)以上でも同じ内容の演題には 同一カリキュラムコードを指定する。
  3. 講習会等情報と出欠データの管理
    主催者が研修管理システムを利用する場合、講習会等情報と出欠データ等を研修管理システムに登録する。研修管理システムの使用方法等は申請時に確認されたい。
    研修管理システムを利用しない場合、名簿管理による一括申告を採用している地域や参加者が自己申告を行う地域があり、地域によって参加の証明方法が異なるので、申請時に確認する。
    なお、講習会の次第等に、日本医師会生涯教育制度における単位、カリキュラムコードをあらかじめ記入する(下記3のプログラムの例を参照)。
  4. 参加証の発行等
    研修管理システムを利用する場合、原則として参加証の発行等は不要となる。参加証を発行する場合の参加の証明方法は、都道府県医師会によって異なるが、取得単位・取得カリキュラムコードが明記されることが必要である(下記4の参加証の例を参照)。
    また、講習会の次第等にも、日本医師会生涯教育制度における単位、カリキュラムコードをあらかじめ記入する(下記3のプログラムの例を参照)。

<参考>

  1. 申請様式例(38KB)

  2. reader_icon 日本医師会生涯教育カリキュラム<2016>(2.59MB)
  3. reader_icon プログラム例(111KB)

  4. reader_icon 参加証例(192KB)

  5. reader_icon 平成29年度「日本医師会生涯教育制度」実施要綱(平成29年2月)(1.17MB)

  6. reader_icon 日本医師会生涯教育制度のご案内(パンフレット)<平成29年2月>(2.39MB)

GET Adobe Reader PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。