乳がん 原因 症状 主な検査

ホルモンの分泌が関係、食生活の欧米化も影響

まだ詳しいことはわかっていませんが、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌ががんの発生に関係しているといわれています。そのため、初潮が早い、閉経が遅い、出産をしていない、高齢出産(初産年齢が30才以上)、などの人はホルモンの影響を受けやすく、がんになりやすいとされています。

また、ホルモンの分泌を乱す高たんぱく・高脂肪・高塩分の食生活や、オーバーウエイトなども危険因子と考えられています。




前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.