肝臓がん 原因 症状 主な検査

早期には自覚症状がありません
肝臓は沈黙の臓器といわれ、初期症状は現れず、かなり進行するまで症状は出ません。

進行すると、全身がだるい、食欲がない、微熱があるといった状態になり、右の脇腹やみぞおちのあたりに張った感じや鈍い痛みなどが時にみられますが、症状の現れ方には個人差があります。

検査を受けて、がんが小さい無症状のうちに発見することが大切です。

前へ 次へ 閉じる

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.