CLOSE
Contents
肺炎とは
肺炎の分類
肺炎の症状
肺炎の予防
高齢者に多い誤嚥性(ごえんせい)肺炎
肺炎肺炎とは 看護バト

肺炎とは、一般的に細菌やウイルスなどさまざまな病原体に感染し、肺に炎症が起こった状態をいいます。

肺と細菌やウイルス

一般的に、病気にかかって体力が落ちていたり、高齢のために体力や免疫力が弱っていると肺炎を起こしやすくなります。また、かぜをこじらせると肺炎になるといわれますが、これは、かぜやインフルエンザで起こったのどや気管支の炎症により体力が弱り、のどを素通りした病原体が肺にまで到達し、炎症を起こしてしまうからです。ただし、かぜにかかっても病原菌に負けない免疫力を持っていれば肺炎になることはありません。
その他に、肺の炎症はアレルギーや化学物質などでも起こります。

backnext
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.