close
heightbar
CONTENTS

網膜剥離とは

網膜剥離の原因

網膜剥離の症状

早期発見・早期治療がポイント




網膜剥離の代表的な症状は、飛蚊症や視野欠損、視力低下などです。

網膜には痛みを感じる神経がなく、症状が出ても痛みは感じません。自覚症状がないまま、定期検診やコンタクトレンズの処方の際に発見されることがあります。

 

イメージ図

以下、網膜剥離の主な症状をまとめておきます。このような症状を自覚したらすみやかに眼科を受診するようにしましょう。

【飛蚊症】
飛蚊症は、ひも状や糸くず状の浮遊物が視界に見え、眼球の動きについて回るように感じる症状で、目の病気がなくてもしばしば認められます。しかし、網膜剥離が起こると、剥離した部分の組織が眼球内を浮遊するため飛蚊症の症状は悪化します。

【視野欠損】
剥離した部分の網膜は徐々に機能が低下していきます。その結果、剥離した部分が見えない視野欠損の症状が現れます。

【視力低下】
網膜の中心には、視力や色の識別能力が最も鋭い「黄斑(おうはん)」と呼ばれる部分があります。この黄斑部にまで剥離が広がると、視力が急激に低下します。

【変視症】
文字や画像が歪んで見えたり、大きさが異なって見えたり、曲がって見えたりする変視症の症状が現れることもあります。

 

 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.