close
heightbar
CONTENTS

網膜剥離とは?

網膜剥離の原因

網膜剥離の症状

早期発見・早期治療がポイント



化学物質過敏症
化学物質過敏症

いったん網膜が剥離し始めると、剥離の範囲は徐々に広がっていきます。そして、剥離とともに網膜の機能が失われていき、放置すれば失明にいたることもあります。現在では効果的な治療法が確立されているので、失明にいたる危険性は低くなりましたが、他の病気と同様に早期発見・早期治療に越したことはありません。

イメージ図

飛蚊症や光視症(裂孔ができるときに光が走るように見える症状)といった網膜裂孔の症状が現れたら、眼科を受診して、治療が必要かどうかを診断してもらいましょう。もちろん、視野の欠損や視力の低下といった網膜剥離の症状が現れたら、すみやかに医師の診察を受けます。

また、網膜剥離の原因となる網膜裂孔があっても、症状が現れない場合もあります。自覚症状がなくても、強度の近視の方や近親者に網膜剥離の患者がいる方は、眼底検査を受けておいたほうがよいでしょう。

 

 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.