閉じる

平成29年(2017年)2月5日(日) / 日医ニュース

漢方薬原料である生薬の安定的な確保を提案

 日医役員が出席した主な外部審議会(昨年12月16日~本年1月12日開催)の概要を紹介する。

―内閣官房健康・医療戦略参与会合―(報告・今村(聡)副会長)

 内閣官房第13回健康・医療戦略参与会合が昨年12月26日、都内で開催され、横倉義武会長の代理として出席した。
 議事は、(1)「健康・医療戦略」及び「医療分野研究開発推進計画」の改訂、(2)国立研究開発法人日本医療研究開発機構の取組、(3)その他―についてであった。
 (1)の改訂案には、「健康・医療分野の研究開発の推進」として、「医療分野の研究開発の推進に多大な貢献があった事例の功績をたたえる日本医療研究開発大賞(仮称)を創設」することが盛り込まれているが、同賞の創設については11月に横倉会長から安倍晋三内閣総理大臣に提案し、前向きな回答を頂いたこと別記事参照を報告した。
 また、11月1日を「いい医療の日」と定め、より良い医療の構築に向けて国民の皆さんと考える日とすることを提案した。
 (3)では、「漢方薬原料である生薬の安定的な確保」に関する政策の推進も要請した。

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる