脳卒中とは原因と症状脳出血脳梗塞予防と生活習慣
原因と症状
血流が不足して、脳細胞に大きなダメージが!
脳には身体全体の約30%の血液が必要ですが、血流が不足して酸素が行きわたらなくなると、脳細胞は大きなダメージを受けます。

いままでに脳卒中を起こしたことがある人や、高血圧、心臓病、糖尿病、高脂血症などの病気にかかったことがある人、オーバーウエイトの人は特に注意が必要です。

脳卒中は、命はとりとめても言語や運動機能に大きな障害を残すことが多いため、早期発見と予防が何よりも大事です。
  • 手足のまひ
  • ろれつが回らない
  • 激しい頭痛・めまい・吐き気がある
  • 視野がせばまる
など脳卒中の前ぶれがあったときはただちに医療機関にかかるようにします。



前へ次へ 閉じる