脳卒中とは原因と症状脳出血脳梗塞予防と生活習慣
予防と生活習慣
動脈硬化を予防し、心臓病はしっかりと治療、高齢になるほど要注意!
血管は加齢とともに弾力性が落ちていきますから、年齢が上がると発症しやすくなります。また、心臓に障害がある場合に起こりやすくなるので、不整脈、弁膜症、心筋梗塞などの心配がある方は特に注意が必要です。
食生活などに気を配り、ストレスをためないようにしましょう。
定期的に脳ドックによる検査を受けることをお勧めします。

このほか、夏は脱水症状にならないよう適度な水分補給を心がけましょう。夏は発汗のため血液が濃くなり、血栓ができやすくなるからです。
また、冬は気温が下がり、血管が収縮して血圧が高くなる傾向にあるので、入浴や外出時など急激な温度差には十分注意して、心臓や血管に過度の負担をかけないようにしましょう。

前へ次へ 閉じる