日本医師会長からの挨拶

 日本医師会ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 日本医師会は、わが国の社会保障としての医療のさらなる充実に貢献すべく、国民の健康と医療を守るという決意をもって、国民だれもが、いつでも、どこでも良質な医療が受けられるよう量的拡大はもちろん、質の向上に努めてまいりました。

 その成果の現れとして、創設後50年を越えた国民皆保険という国民全てが平等に医療を受けられる制度によって、わが国は世界最高の健康水準を享受していると、国際的に高い評価を得ています。

 一方、わが国の高齢化は世界に類を見ない早さで進み、それに伴う医療費の増大が問題となってまいりました。少子化による生産年齢人口の減少と世界的な不況と情勢不安に加え国内における混乱が医療財源の逼迫に拍車をかけ、あるべき医療提供体制にも暗い影を落としています。


 これに対し政府は、国民にとってほんとうに必要な医療のあり方についての議論を後回しにし、財政優先の医療政策を取り続けることに終始してきました。
 その結果、地域の医療は疲弊し、本来あってはならない地域間の格差も生まれてきています。

 国民の幸福の原点は健康にあり、それを支える医療提供体制の構築は最重要課題です。そのためにも、地域の実情にあわせた良い医療制度を構築しなければなりません。そして、地域医療の充実によって国民により良い医療を提供することこそが日本医師会に課せられた社会的責務であると認識しております。

 そのため、日本医師会は、「国民と共に歩む専門家集団としての医師会」を目指し、世界に冠たる国民皆保険の堅持を主軸に、国民の視点にたった多角的な事業を展開し、真に国民に求められる医療提供体制の実現に向けて、これからも国民とともに努力してまいります。

第19代 日本医師会長

横倉 義武

(よこくら よしたけ)

平成24年4月