肺がん検診 肺がんの原因

肺がんは、肺細胞の遺伝子に傷がつくことで発生します。細胞に傷をつける原因は様々ですが、最大の原因として、タバコの影響が指摘されます。タバコを吸うと肺がんにかかるリスクが、男性は4.8倍、女性は3.9倍に増加します。喫煙年数や喫煙本数が多いほどリスクが高くなり、禁煙を続けるほどリスクは徐々に低下していきます。
また、受動喫煙によっても、肺がんのリスクは1.2~2倍に増加します。非喫煙者でも肺がんの原因として決して見過ごすことは出来ません。

※受動喫煙
喫煙者のたばこの煙にさらされ、煙を吸わされること

その他の原因として、アルミニウムやヒ素、アスベストなどを吸引または浴びることも、肺がんのリスクを高めます。

肺がんとは?のページでも示した通り、非喫煙者でも多く発生するタイプのがんもあります。たばこを吸っていないから大丈夫と考えずに、年一回の検診を受けてみてください。