データで見るがん検診 厚生労働省の「平成25年国民生活基礎調査」によると、各がん検診の受診率は下のグラフのようになっています。

肺がん検診

表

肺がん検診は、40~69歳*の受診率が男性47.5%、女性が37.4%です。
肺がんはたばこを吸わなくてもかかる可能性があります。
たばこを吸っていないから大丈夫と考えずに、年一回の検診を受けてみてください。

  • 肺がんとは
  • 肺がんの原因
  • 肺がんの検診
  • 肺がん検診Q&A

胃がん検診

表

胃がん検診の受診率は、40~69歳*で見ると、男性が45.8%、女性は33.8%です。
胃がん検診は、5つのがん検診の中で肺がん検診の次に受診率が高いですが、
それでも検診対象者の半数以上の方が未受診という状況です。

  • 胃がんとは
  • 胃がんの原因
  • 胃がんの検診
  • 胃がん検診Q&A

大腸がん検診

表

大腸がん検診の40~69歳*の方の受診率は、男性は41.4%、女性は34.5%です。
大腸がんは早期に発見して治療すれば、治癒する可能性も高く、検診の方法も簡単です。
詳しくはこちらをご覧ください。

  • 大腸がんとは
  • 大腸がんの原因
  • 大腸がんの検診
  • 大腸がん検診Q&A

乳がん検診

表

乳がん検診の40~69歳*の受診率は34.2%です。
5つの検診の中でがんが発見される割合が最も高い一方で、受診率は子宮頸がんに次いで低い検診です。

  • 乳がんとは
  • 乳がんの原因
  • 乳がんの検診
  • 乳がん検診Q&A

子宮頸がん検診

表

子宮頸がん検診は5つの検診の中で唯一、20歳から受診対象となっていますが、
20歳代の検診受診率はわずか22.2%です。
20歳代から30歳代で急増している子宮頸がん、詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • 子宮頸がんとは
  • 子宮頸がんの原因
  • 子宮頸がんの検診
  • 子宮頸がん検診Q&A

*「がん対策推進基本計画」(平成24年6月8日閣議決定)に基づく、がん検診の受診率算定対象年齢