胃がん検診 胃がんとは

胃の構造

胃の構造

胃は筋肉でできおり、入口と出口が狭くなっている袋状の形状をしています。胃の主な働きは食べ物の消化・吸収と殺菌です。
食道に繋がる入口付近を噴門部と言い、十二指腸につながる出口付近を幽門部、それ以外の部位を胃体部と言います。
胃の壁は、大きく分けて3層構造をしています。内側から粘膜(粘膜・粘膜筋板・粘膜下層)、筋層、漿膜(しょうまく)(漿膜下層・漿膜)という順に、層が重なってできています。

胃の役割と消化と吸収の仕組みについて詳しくはこちら

胃がんとは

胃がんとは

胃がんは、胃壁の内側にある粘膜に発生します。内側の粘膜から徐々に粘膜下層、固有筋層、漿膜へと外側に向かって、がんが広がっていきます。
がん細胞が、粘膜または粘膜下層までにとどまっているものを「早期胃がん」といい、筋層より深く達したものを「進行胃がん」といいます。

胃がんについて、詳しくはこちら

胃がんの罹患率と死亡数

胃がんの罹患率と死亡数

胃がんは日本人が最も多くかかるがんです。
男性はおよそ9人にひとり、女性はおよそ18人にひとりが、一生のうちに胃がんと診断されています。

がんでの死亡数

胃がんはかつて日本人のがんによる死亡数の第1位でしたが、最近は診断方法と治療方法が向上し、男性では肺がんに続き第2位、女性は第3位となっています。
男性では30,809人、女性は15,870人の方が胃がんで亡くなっています。(2015年)

出典:人口動態統計2015年(厚生労働省大臣官房統計情報部編)