医師のみなさまへ

2021年5月17日

新型コロナウイルス感染症対応日本医師会休業補償制度

令和3年5月17日より、中途加入申込受付を再開いたします。

■制度の概要

 この度、日本医師会会員医療機関向けに新型コロナウイルス感染症対応「日本医師会休業補償制度」を創設しました。本制度は、医師をはじめとする医療従事者、事務職員が新型コロナウイルスに感染もしくは濃厚接触をした場合に、対応のために支出した消毒費用等や一時的に閉院または外来閉鎖を余儀なくされた時の逸失利益や、家賃など継続費用を補償します。

■制度の特徴

■対象施設

日本医師会会員が開設または管理する診療所・病院・健診センター・登録衛生検査所(医師会健診・検査センター含む)
※個人・法人ともに対象。また1法人で複数施設がある場合、施設単位で任意加入可能です。

■補償金額

休業一時金 100万円
※休業一時金の年間総支払限度額(最高限度額)は1事故100万円・補償期間中100万円となります。
※※医業収益・医業外収益・臨時収益の合計が目安として年間4,000万円を下回る場合は、補償金額が100万円以下となることがあります。

■補償金の受取要件

以下の3つをすべてを満たした場合に、補償金を受け取ることができます。
①日本医師会会員が開設または管理する医療機関に勤務する医療従事者が、新型コロナウイルスに感染もしくは濃厚接触すること
②医療従事者の新型コロナウイルス感染(濃厚接触)に伴い、当該医療機関で外部業者による消毒が行われること(消毒料金の多寡は不問)
③医療従事者の新型コロナウイルスの感染(濃厚接触)および消毒の実施に伴い、休診日を含む連続7日(7営業日ではない)以上の閉院もしくは外来を全面閉鎖すること

■加入申し込み方法

以下の申込専用Webページにアクセスして、申込手続きを行ってください。
日本医師会休業補償制度お申込み受付


また、入力方法マニュアル(PDF)を作成しましたので、ご参照願います。なお、申込手続きおよび掛金の振込手続きの確認ができ次第、申込時にご登録いただきましたご指定のメールアドレスへ①「申込受付メール」、②「請求書送付のご案内メール」、③「加入完了メール」の3種類を日本医師会休業補償制度事務局よりご送信いたします。


<振込先口座情報>
りそな銀行 アース支店
口座名義:株式会社ロボットペイメント 収納代行
※なお、口座番号は、加入者毎に採番するバーチャル口座となります。振込先詳細につきましては、申込受付から3営業日を目安に申込手続きが確認でき次第、②「請求書送付のご案内メール」にてお知らせいたします。

※本制度を運営するにあたり、当会は、東京海上日動メディカルサービス株式会社、パイプドビッツ社、ロボットペイメント社と業務委託契約を締結しております。

■掛金・加入申し込みスケジュール

※1:掛金のご入金が確認できた時点で、お申込み手続きが完了となります。
※2:5/17の募集再開以降、6/1を待たずに即日補償開始をご希望の場合は、申込手続き後、掛金の入金が確認でき次第、入金日から補償いたします。その場合、掛金は32,000円になります。なお、補償開始日は、1日に遡って補償されるものではありませんのでご留意願います。

掛金は、厚生労働省の「令和3年度 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」の対象です。なお、本補助金の申請書提出期限は、令和3年9月30日(当日消印有効)となります。詳細につきましては、厚労省ホームページをご確認ください。
(参考)厚生労働省「令和3年度 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」
※掛金は、本補助事業の「役務費」に該当します。なお、申請をする際、①掛金請求書②掛金振込明細③加入完了メールの打出しをご用意願います。

■保険加入手続き・補償金請求の流れ


※本制度の対象施設のうち、医療法上の病院または診療所以外の施設については、厚生労働省補助事業の対象外となります。

■補償金請求時の書類

以下の4種類の書類をご提出いただきます。
①保険請求書(保険会社所定フォーム)
②直近の決算書類の写し(法人単位、個人事業主の場合は青色申告書の写し)
③消毒費用の領収書写し
④医療従事者が感染(濃厚接触含む)し、休診日を含む7日間以上閉院(外来閉鎖)した事実を都道府県医師会または郡市区医師会にて証明する書面 ⇒休業証明書
詳細につきましては、日本医師会会員向け文書管理システム掲載の令和3年1月5日付文書(地460)「日本医師会休業補償制度における補償金請求時の休業証明の取扱いについて」をご確認ください。
※医業収益・医業外収益・臨時収益の合計が目安として年間4,000万円を下回る場合は、補償金額が100万円以下となることがあります。
※その他に負担した費用(検査受診のために支出した交通費や隔離期間中の宿泊費用等)についても補償金請求の対象となるため、追加資料の提出が必要な場合もあります。

【本件に関する問合せ先】
 幹事保険会社:東京海上日動火災保険 医療・福祉法人部 営業第一チーム
(担当)河合・小谷・矢野
 TEL:03-3515-4143 Mail:jmabi2020@tmnf.jp

■制度のチラシ

チラシ
詳細につきましては、日本医師会会員向け文書管理システム掲載の令和3年5月17日付文書(地70)「新型コロナウイルス感染症対応「日本医師会休業補償制度」中途加入申込再開について」をご確認ください。

■本件に関する問合せ先

①制度全般に関する問合せ 日本医師会地域医療課 TEL:03-3946-2121
(幹事保険会社)東京海上日動火災保険 医療・福祉法人部 営業第一チーム
(担当)河合・小谷・矢野
 TEL:03-3515-4143  Mail:jmabi2020@tmnf.jp

②加入申込み後の事務手続きに関する問合せ
(業務委託)日本医師会休業補償制度事務局
 TEL:03-6704-4016  Mail:2020jmabi@tokio-mednet.co.jp

感染症関連情報トップへ