データで見るがん検診 がん検診によるがん発見データ がん検診を受診して、実際にどのくらいの方ががんにかかっていたか、厚生労働省が毎年調査を行っています。5つのがん検診のなかで、がんが発見される割合が最も高いのは乳がん検診です。次いで大腸がん検診、胃がん検診となっています。

肺がん検診

表

厚生労働省の「平成27年度地域保健・健康増進事業報告」によると、
平成26年度に肺がん検診を受けた方は4,033,976人でした。
受診者のうち、1.96%(79,030人)の方が要精密検査となり、
要精密検査者の1.92%(1,515人)の方から肺がんが発見されました。

  • 肺がんとは
  • 肺がんの原因
  • 肺がんの検診
  • 肺がん検診Q&A

胃がん検診

表

厚生労働省の「平成27年度地域保健・健康増進事業報告」によると、
平成26年度に胃がん検診を受けた方は2,324,312人でした。
受診者のうち、7.54%(175,141人)の方が要精密検査となり、
要精密検査者の1.28%(2,237人)の方から胃がんが発見されました。

  • 胃がんとは
  • 胃がんの原因
  • 胃がんの検診
  • 胃がん検診Q&A

大腸がん検診

表

厚生労働省の「平成27年度地域保健・健康増進事業報告」によると、
平成26年度に大腸がん検診を受けた方は4,876,235人でした。
受診者のうち、6.65%(324,413人)の方が要精密検査となり、
要精密検査者の2.85%(9,237人)の方から大腸がんが発見されました。

  • 大腸がんとは
  • 大腸がんの原因
  • 大腸がんの検診
  • 大腸がん検診Q&A

乳がん検診

表

厚生労働省の「平成27年度地域保健・健康増進事業報告」によると、
平成26年度に乳がん検診を受けた方は2,182,748人でした。
受診者のうち、8.38%(182,909人)の方が要精密検査となり、
要精密検査者の4.05%(7,416人)の方から乳がんが発見されました。

  • 乳がんとは
  • 乳がんの原因
  • 乳がんの検診
  • 乳がん検診Q&A

子宮頸がん検診

表

厚生労働省の「平成27年度地域保健・健康増進事業報告」によると、
平成26年度に子宮頸がん検診を受けた方は4,199,634人でした。
受診者のうち、2.29%(96,175人)の方が要精密検査となり、
要精密検査者の1.86%(1,785人)の方から子宮頸がんが発見されました。

  • 子宮頸がんとは
  • 子宮頸がんの原因
  • 子宮頸がんの検診
  • 子宮頸がん検診Q&A

がん検診を受けた方のうち、要精密検査となった方は1.96~8.38%で、さらにそのうち1.28~4.05%の方からがんが発見されています。

がん検診を受けていたからこそ、がんを発見することが出来ました。

検診未受診の方も「もしかすると」を心に、がん検診の受診してみてください。