グローバルに活躍する若手医師たち(前編)

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみてください。

今回は、JMA-JDNの若手医師より、東京都新研修医ウェルカム・オリエンテーション、世界医師会サンティアゴ理事会の報告と、世界家庭医機構の紹介を寄せてもらいました。

 

目まぐるしく変わる世界の中で、私たちが今できること
~The Rajakumar MovementとEntrepreneurship~

三重大学大学院 家庭医療学講座 JMA-JDN 副代表(内務)、研究担当役員 加藤 大祐

皆様は、WONCA(世界家庭医機構)をご存知でしょうか。WONCAは、会員数50万人、加盟国130か国以上を数える家庭医のための国際学会です。地域ごとに七つのYoung Doctors Movement(YDM)があり、今回は、アジア大洋州地区のYDMであるThe Rajakumar Movement(TRM)についてご紹介します。

日本で医療をするうえで、なぜ国際学会に参加する必要があるのでしょうか。その疑問を解く鍵は、TRMにその名を冠するMK Rajakumar医師の言葉にあります。「様々な文化や環境の中で得られた経験を共有し、協働できる関係性を有することで、私たちは、より良い医師に、そして、より良い人間になれるであろう(筆者訳)」。グローバルヘルスの理解は、日々の臨床の質の向上に寄与すると言われて、医学教育にも取り入れようという動きが広がっています。

2009年に設立されたTRMでは、現在14の国・組織の代表者が、定期的にオンラインミーティングを開催しています。私たちが活動の中心に据えている考え方が、Entrepreneurshipです。起業家精神と訳されることが多いですが、すでに自らが所属する組織で新しいことを始めるという意味もあり、イノベーションの鍵になると期待されています。

2019年5月15日から18日に、WONCA Asia Pacific Regional Conferenceが京都の国際会議場で開催されました。私たちTRMも、Entrepreneurshipをテーマとしたワークショップやシンポジウムを行いました。日本を含む世界の医療事情が大きく変わろうとしているなかで、私たち若手医師は主体的に何ができるか、白熱した議論が行われました。TRMのこれからにぜひご期待ください。次回のWONCA APR Conferenceは、2020年4月にニュージーランドのオークランドで開催されます。Please join us!! 

 

 

加藤 大祐
三重大学大学院家庭医療学分野博士課程所属。家庭医療専門医・指導医。認定内科医。The Rajakumar Movement日本代表。

message
国際学会デビューには、日本開催の国際学会もおすすめです!

※先生方の所属は、寄稿当時のものです。