レジデントロード

【形成外科】中山 大輔先生
(杏林大学医学部 形成外科学教室)-(前編)

勝矢先生

――中山先生はどうして形成外科を選ばれたのですか?

中山(以下、中):高3の夏に形成外科に関する新聞記事を読んだことが、最初のきっかけです。四肢の軟部悪性腫瘍の人が、形成外科の再建により、切断を免れただけでなく機能を回復することができたという内容にとても感動し、医学部に行くことを決意しました。しかし、実際に入学して、5年生からの臨床実習で一通り各科を回った時、最も面白いと思ったのは消化器外科の分野でした。病院見学に行き始めたのも、この頃からでした。部活の1学年上の先輩が研修していたこともあり、日本赤十字社医療センターへ見学に行き、そこで肝臓外科の権威の先生に憧れ、肝臓外科医を志すようになりました。でも、臨床研修2年目になり、入局に向けて進路をじっくり考え直すなか、また形成外科のことが気になりだしたのです。臨床研修先には形成外科がなかったので、千葉大学、東京大学、東大と関連のある杏林大学の3病院を見学させていただき、「やはり形成外科に進もう」と決めました。杏林大学を選んだのは、医局の雰囲気と、症例数の多さからです。形成外科は病院によって症例の偏りが大きいのですが、杏林大はバランスが良く、手術件数が一番多いところも魅力でした。

――専門研修ではどのように経験を積んでいくのですか?

:最初は手術室に入室して、手術のセッティングを覚えることから始めます。また、すぐに執刀も始めます。まずは様々な手術の閉創や、鼻骨骨折の治療。慣れてくると腫瘍切除や頬骨骨折の治療、顕微鏡手術も行います。1年目の派遣先の施設ではリンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術という手術を多く行っていました。顕微鏡下にリンパ管と静脈をつないで浮腫を治すものです。助手から始め、次第にリンパ管と静脈をつなぐ数箇所のうちの最後の一つを執刀させてもらうようになります。また、外傷で切れた指などの神経を顕微鏡下でつなぐ手術も経験しました。

――入局して、難しさを感じた点はありますか?

:それまでやってきたことが通用しなかったことです。私は臨床研修で外科コースでしたので、手術に入った回数は200例以上あり、執刀も30例近くありました。しかし、形成外科の手術は経験したことのない新しいものばかりでした。外傷の縫合一つとっても、それまで見たこともないような大きく深い傷ばかりで最初は大変でした。

――6年目の現在の医局での様子をお聞かせください。

:再建については、皮弁の採取や血管吻合を行っています。顔面骨では、標準的な頬骨骨折などの手術は1~2年目の先生がすることが多く、その分もう少し複雑なものを扱わせてもらえるようになりました。また多少ですが、新入局者の指導も行っています。