緩和ケアの基本的な考え方(前編)

このページでは、現在の日本における、緩和ケアについての基本的な考え方を紹介します。

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義

緩和ケアとは

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。

緩和ケアは…

・痛みやその他の苦痛な症状から解放する
・生命を尊重し、死を自然の過程と認める
・死を早めたり、引き延ばしたりしない
・患者のためにケアの心理的、霊的側面を統合する
・死を迎えるまで患者が人生を積極的に生きてゆけるように支える
・家族が患者の病気や死別後の生活に適応できるように支える
・患者と家族ー死別後のカウンセリングを含むーのニーズを満たすために
 チームアプローチを適用する
・QOLを高めて、病気の過程に良い影響を与える
・病気の早い段階にも適用する
・延命を目指すそのほかの治療ー化学療法、放射線療法ーとも結びつく
・臨床的な不快な合併症の理解とその対応の推進に必要な諸研究を含んでいる

WHOによる緩和ケアの定義

そもそも緩和ケアとは何なのでしょうか。ここでは、WHOによる緩和ケアの定義(2002年)を見てみましょう。
まず、緩和ケアは、「生命を脅かす疾患」を抱えた患者さんとその家族に対し、「病気の早い段階」から行われるものであることがわかります。また、緩和ケアが対象とするのは「痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題」であり、それを早期に発見し、苦しみを和らげることで、患者さんと家族のQOLを改善することが目標とされています。
この特集では、「生命を脅かす疾患」をがんに絞って考え、緩和ケアの考え方を紹介します。

出典:日本ホスピス緩和ケア協会WEBサイト http://www.hpcj.org/what/definition.html
英語原文:WHO WEBサイト http://www.who.int/cancer/palliative/definition/en/
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら